外科経験をもつ院長が考える美容整形に大切なこと!東京銀座の美容外科

『醜女の日記』というフランスの小説があります。「こんな醜い自分を愛してくれる人などいるはずがない」という思いを抱えた女性の日記。その思いがあるゆえに愛してくれる男の言葉を信頼できず、整形を決意する。その結末は・・・

この小説が出たのが1952年。いつの時代も女性の美を追求する姿は変わらないものがあるように思います。女性でなくてもひとつやふたつ自分の顔もしくは身体にコンプレックスを持っている人は多いでしょう。美容整形によってそのコンプレックスが解消できるのであれば、それもひとつの方法だと思うのですが、大事なことはその美容整形によって何を手に入れたいのか。表面的なカタチだけでなく、あなたのその整形の先に手に入れたいものはなんなのか、それを明確にしておくことが内面から輝くことができる秘訣なように思います。

東京銀座に本店を構える美容外科の院長は、そうした患者ひとりひとりのコンプレックスと向き合い、心のケアも配慮した施術をしてくれると評判です。これは院長には一般外科に7年間勤務した経験があり、悪い症状を改善するだけでは患者の気持ちが100%解消されないことを知っているからでしょう。

美容整形にともなう不安にも丁寧に向き合い、なおかつ高い技術をもった美容外科。あなたの理想を叶えるお手伝いをしてくれることでしょう。
http://komuro-biyougeka.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です