大腸癌治療のキモは早期発見・早期治療!検診が大切なんです。

ガン検診、ちゃんと受けていますか?二人に一人がガンになる時代、などと言われていますが、なかでも大腸癌は急激に増加したガンのひとつ。特に女性にいたっては死亡数の一位となっています。しかし同時に治りやすいガンでもあり、ステージⅢであっても五年生存率は80%以上、早期であれば90%以上で、ほぼ完治が見込めるのです。
テレビなどでは芸能人がガンになるとこぞって報道するので、恐ろしい病気のように感じる方もいるかもしれませんが、極端に恐れる必要jはありません。ただ早期はほとんど症状が出ませんので、なにより検診が大切になってくるのです。

万が一手術が必要な状態でも、現在は腹腔鏡下手術のような体に負担が少ない手術が可能になっています。お腹を大きく開く必要がありませんから、術後の痛みも少なく回復が早いといったメリットがあるので、多くの患者さんが腹腔鏡下手術を選択するようです。

東京都の病院でも多くの腹腔鏡下手術の実績があり、第一選択としています。またこちらの病院では担当医が一貫して、検査、手術、化学療法と診療全般に関与していくのも特徴のひとつでして、患者さんの状態を把握しながら、適切な治療を提供しています。

大腸癌は早期発見・早期治療が何よりも大切です。しかるべき病院で、検診を受けることをおすすめいたします。
https://teikyo-daicho.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です