不妊治療の長期化で生じやすい夫婦間のずれ

「出口の見えないトンネル」などともいわれる不妊治療。いつ出られるのかわからない、先行きの見えない焦りや不安は、ときとして夫婦間の絆を壊してしまうことにもなりかねません。

不妊治療というのはえてして長期化する場合があります。そしてそのようなとき浮き彫りになってくるのが、夫婦間の「子どもを欲しいと思う熱量の差」なのです。妻は体外受精をしてでも子どもを欲しいと考えているのに夫はそこまでして欲しくはないと考えていたり、度重なる検査や治療で辛そうな妻の姿を見て「もうやめよう」と言い出す夫がいたり・・・不妊治療の長期化は夫婦間の意識のずれを生んでしまいやすいのです。

ですから不妊治療をストレスなく続けるためには、夫婦間のコミュニケーションがひじょうに大切になってきます。不安を感じるようなことがあれば早い段階で話し合い、お互いの意思疎通をしておくこと。治療がうまくいかず焦りや不安が大きくなってしまうと、冷静に話しあうこと自体難しくなってしまいます。
夫婦で前を向きながら治療をすすめていただきたいと思います。

https://biyonai.net/