「薬物依存症」の恐ろしさ

ショッキングなニュースとして取り上げられることが多く、大きな社会問題となっている「薬物依存症」。今回は、依存症の中でも、日常生活の破たんを招いてしまうことが多い「薬物依存症」に焦点をあててみたいと思います。

◆薬物依存症とは

大麻や麻薬などの薬物を使うのを、止めたくても止められなくなってしまう状態になってしまうのが、薬物依存症です。また、最初は少量で求める効果を得ることができていたのに、身体がクスリに慣れてしまうため、同様の効果を得るために使用量が増え続け、気が付けば当初の何倍ものクスリが必要になり、心身を蝕む度合いが使用の度に加速されてしまうことに…

◆薬物依存症を引き起こす薬物とは

それでは、依存症を引き起こしてしまうクスリにはどういうものがあるのでしょうか?
大麻、麻薬、覚せい剤を思い浮かべる方は多いことでしょう。確かに、これらは違法薬物として話題に上ることが多いため、多くの方が危険なクスリであることを知っています。
こうした違法薬物以外にも、本来は病気治療のために使っているクスリの中にも、医師の指導に従わず誤った使い方をしたために、薬物依存を引き起こしてしまうものがあります。自己判断で医師の処方薬の服用回数や量を増やすことは大変危険なことなのです。

◆どうして止められなくなるでしょうか?

徐々にクスリの使用量が増えてしまって、このままではいけない!1日も早く止めなくては!と思っていても止められなくなってしまうのはなぜでしょうか?
それは、クスリを使うことによって脳の働きに変化がもたらされてしまうからなのです。つまり、以前は、欲求を自分でコントロールすることができていたのに、「クスリを何が何でも欲しい!」という気持ちを抑えることができなくなってしまい、結果として、雪だるま式に使用量が増え、ますます薬物への依存度が高まってしまうという悪循環から抜け出せなくなってしまいます。

◆脳は元に戻らない

それでは、薬物の使用で変化を起こしてしまった脳は、元の状態に戻ることはできるのでしょうか?残念ながら、元の状態に戻ることはないと言われています。そのため、薬物依存症から抜け出した人の脳では「クスリがどうしても欲しい!」という欲求を抑え込むことができないため、治療後些細なことがキッカケになって、また薬物に依存してしまう生活に戻ってしまうケースが多く見られます。

◆周囲の継続的サポートが不可欠

このように再発率が高いと言われている薬物依存症ですが、治療後、クスリに頼らない生活を続けて行くためには、まずは、薬物使用に関わっていた人間関係等、あらゆる状況を清算することが必要です。さらには、本人の意志を支えるために、周囲の継続的なサポートが不可欠になって来ます。

継続的な周囲のサポートの一つとして、専門家による適切な助言や指導を定期的に受けることはとても重要なポイントです。

※本文とリンク先の関連性はございません。

https://kokubunji.clinic/

「依存症」〜アルコール依存症とは〜

人は誰でも、その程度の差こそあれ何かに依存することによって生きていると言えるのではないでしょうか?依存する対象は、物であったり、人であったり、趣味であったり、実に様々です。対象への依存の度合いを、コントロールできていれば何の問題もありませんが、その対象がなくてはいられなくなってしまっているなら、「依存症」になってしまっているかもしれません。

◆「依存症」とその種類

まずは、依存症には、どのような種類があるのか見ておきましょう。依存症を大きく分けると以下のようになります。

1)アルコール依存症
2)薬物依存症
3)ギャンブル依存症等

また、最近では、PCやスマートフォンの普及によって、ゲーム依存症等のデバイスツールを利用することによって生じてしまう依存症も増えて来ています。通勤や通学電車の中で、かた時もスマートフォンを手放すことなく、画面を見続けている姿がごく見慣れた光景になってしまいました。もちろん、スマートフォン等を見続けていれば、必ず依存症になってしまうという訳ではありませんが、過度の使用は眼精疲労等につながるだけではなく、依存症への危険性を潜めていると言えます。できれば、デバイスツールの適正な使い方についての基準について、周知されると良いのではないかと思います。

◆アルコール依存症の原因と症状

今回は、古くからある「アルコール依存症」を取り上げてみることにしましょう。
アルコール依存症は、大量の飲酒が習慣化してしまったことによって起こります。いったんお酒を飲み始めると止まらなくなったり、いつでもどこでもお酒を飲みたくなってしまったり…アルコールが抜けると、イライラや神経過敏、手の震え、動悸等の離脱症状が現れるようになります。
飲みすぎの目安は、1日当たりビール3本、日本酒3合弱、ワイン6杯程度。おいしいお酒があれば、つい飲んでしまう量かもしれません。発症までは男女でかなり差があり、飲み過ぎが習慣化してから男性は20年以上、女性は約その半分の年数と言われています。

◆早期発見・早期治療が可能

アルコール依存症は、徐々に進行する病気ですので、依存症になってしまう前に気が付いて、治療することができます。お酒が大好きで、ついつい飲み過ぎてしまう傾向にある方は、以下のような症状がないかチェックしてみてください。

1)体調を崩しているのにお酒を飲むのをやめられない
2)悪いこととは分かっていても飲酒運転等をして問題を起こしている

飲酒がマイナス要因になっていることが分かっているのに、ついお酒を飲んでしまっているなら、アルコール依存症の手前(プレアルコホリズム)のイエローランプが点滅している状態かもしれません。
名古屋周辺にお住まいの方で、もし、ご自分が今回紹介した条件に当てはまるかもしれない?と思われたなら、医療機関へご相談ください。アルコール依存症は、早期に治療すればするほど、回復が早い病気ですので、早めのご相談をおすすめします。

※本文とリンク先の関連性はございません。
https://meiekisakomentalclinic.com/

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !